脂肪肝になると肝機能の病気になりやすい|健康食品で脂肪蓄積を防ぐ

善玉菌の力で身体を変える

メディシン

乳酸菌は、腸内環境を整えることで美容に役立つ多くの効果をもたらします。そんな乳酸菌にはヨーグルトなどに含まれる動物性とキムチなどに含まれる植物性の2種類が存在し、両者をバランスよく身体に取り入れることが重要です。

More...

疲れを解消する効果

サプリメント

オルニチンは、二日酔いの解消以外にも、疲労回復効果が有ります。というのも、疲労をもたらす体内のアンモニアの解毒を促してくれるからです。副作用も全くないので、安心して摂取することが可能です。仕事で忙しい人には欠かせない成分です。

More...

現代の肝臓病で多い症状

お腹を触る男性

肝臓に多い病気

脂肪肝は、肝臓の現代病とも言われるくらいに発症しやすい病気です。そもそも脂肪肝とは、肝臓に必要以上の中性脂肪がたまっている症状のことです。数値で表すと、健康な肝臓には中性脂肪が3%から5%くらい含んでいます。しかし、脂肪肝の患者の場合、5%を超えてしまっています。脂肪肝になる原因は、主に肥満、アルコールによるものです。そして、女性に多く見られるのが、無理なダイエットによるものです。痩せたり、太ったりとリバウンドを繰り返すと、ただいに肝臓に負担をかけてしまうからです。脂肪肝を放置すると、肝硬変や肝がんというように末期的な症状に発展していきます。それと、女性の場合は、肝臓で女性ホルモンを調節するので、月経異常になりやすいです。命を脅かすので、早期に病院で治療すべきです。

予防でおすすめの食品

脂肪肝を放置すると、命の危険も有ります。実は、近年、脂肪肝の予防効果が高いと話題になっている食品が有ります。それは、コーヒーという飲み物です。最近の研究で、毎日飲む人は脂肪肝になりにくいという研究結果があります。その他にも、コーヒーを多く飲む人ほど肝がんの予防効果が高いというデータもあります。なぜコーヒーが肝臓にいいかというと、肝臓内の酸化ストレスを抑えてくれる効果が有るからです。また、コーヒーのカフェインはインスリン分泌を高めて、肝臓への脂肪の蓄積を防いでくれます。すなわち、肝臓が正常に機能するように助けてくれるといえます。ですから、食後にコーヒーを飲むことは、肝臓の病気を防ぐために効果的といえます。

疲れ知らずになる

メディシン

オルニチンは二日酔いだけでなく、疲労回復やアンチエイジングなどにも効果があると期待されています。健康食品も販売されていますが、過剰摂取すると腹痛や下痢を引き起こす可能性があるので注意する必要があります。また疲労を蓄積している人が増えているため、今後はオルニチンに注目が集まるでしょう。

More...